HOME > 当院の基本治療 > 腎代替療法(透析)について

腎代替療法について

腎代替療法についてDialysis

腎代替療法とは

腎代替療法とは、食事療法や薬物療法でも腎不全症状が改善しない場合に適応となる治療のことです。

腎代替療法には、3種類あります。
①血液透析、②腹膜透析、③腎臓移植となり症状にあわせて導入の種類を決定します。

透析導入にあたり代表的な腎不全症状は以下の通りとなります。

・溢水症状(全身浮腫、呼吸困難、体重増加、高血圧、心不全など)
・尿毒症症状(倦怠感、悪心、嘔気、頭痛、食欲不振、記銘力低下、意識障害、痙攣等)
・不整脈症状(動機など)
・貧血症状(倦怠感)

それぞれの腎代替療法について

治療のご予約やご不明点、ご質問がございましたら、お気軽に下記電話番号・メール相談フォーム・外来予約フォームからお問い合わせください。 受付時間 10:00~18:00 0120-00-0000 ホームページを見て電話しています、とお伝えいただくとスムーズにお話いただけます。
お問い合わせメール
外来予約