掲載出版物

掲載出版物

タイトル 雑誌名 ページ 年度
シャントトラブルスコアリングを用いたVA管理 腎と透析 76巻第2号 208-211 2014
血液透析患者の小手術(内シャント管理を中心に) 診断と治療 101巻第7号 1077-1081 2013
バスキュラーアクセス感染症 腎と透析 74巻増刊号 567-570 2013
超高耐圧バルーンによる低圧拡張の重要性と意義について 医工学治療 Vol.25 No.1 41-45 2013
バスキュラーアクセスへの穿刺と感染予防 クリニカルエンジニアリング 2012 743-750 2012
PTAか?外科的再建か?選択の分水嶺を見極める 腎と透析 72巻別冊 16-18 2012
シャント肢の洗浄・消毒 透析ケア vol.17 no.8 50-53 2011
あっちこっちウォッチ
池田バスキュラーアクセス・透析・内科クリニック
透析ケア Vol.20 No.2 90-93 2011
VAの機能・形態に関わる画像などの診断法、血流量の測定 臨牀透析 Vol.27 no.7 2011 878-887 2011
バスキュラーアクセスの管理 透析ケア Vol.16 no.10 62-63 2010
バスキュラーアクセスの選択と作製時期 透析ケア Vol.16 no.10 25-26 2010
研修医の未来、医師の資質 臨牀透析 Vol.26 no.1 2010 5-6 2010
シャント管理とは?
~その見方と治療の時期~
FNK ふくじんきょう No.223 8-9 2010
バスキュラーアクセスの作製 -私の工夫-
人工血管シャント作製ならびに管理上の留意点
透析フロンティア  Vol.20 No.2 17-21 2010
電子カルテと画像システムが一体になった
最先端のシステムを取り入れています。
PALATTO(パラット) Vol.18 12-13 2010
画像で見るバスキュラーアクセストラブル 1.狭窄 透析ケア 2009 vol.15 no.10 34-36 2009
狭窄に対するカテーテル治療 透析ケア 2009 vol.15 no.10 52-53 2009
バスキュラーアクセス形態および機能に対するモニタリング 臨牀透析 Vol.25 no.8 2009 1111-1116 2009
パラシュートテクニック変法を用いた当院での腎臓内科医によるバスキュラーアクセス手術の実際 腎と透析66巻別冊 腎不全外科2009 87-89 2009
アクセス不全:バスキュラーアクセス 臨牀透析 Vol.24 no.7 2008 159-160 2008
バスキュラーアクセスインターベンションの実際
-中心静脈のインターベンションも含めて-
バスキュラーアクセスの管理 2008.No.17 73-78 2008
管理面からみたグラシル 腎と透析 別冊2008 36-37 2008
バスキュラーアクセスに対するPTA後の炎症マーカーの変化と拡張率の比較検討
-AtⅡ投与によるVA再狭窄予防の可能性-
腎と透析 別冊2008 123-126 2008
バスキュラーアクセスに対する当院における治療成績
-インターベンションから外科的治療への判断-
日本透析医会雑誌 Vol.22 No.1 86-90 2007
バスキュラーアクセスに対する当院における治療成績
-インターベンションから外科的治療への判断-
腎と透析 別冊2007 223-226 2007
インターベンション治療
-適応範囲と新しい器材・技術の発展-
臨牀透析 Vol.21 no.12 2005 1607-1614 2005
PTAの開存期間に影響する因子の考察
-PCBの登場以降-
腎と透析59巻別冊 アクセス2005 139-142 2005
頻会PTA施行症例に対するPCB(カッティングバルーン)の成績 腎と透析55巻別冊 アクセス2004 94-96 2004
Tel.092-526-4810