福岡市中央区薬院の地下鉄七隈線、薬院駅に直結の人工透析・在宅透析の「池田バスキュラーアクセス・透析・内科」。シャント外来や手術まで腎臓病に特化したクリニックです。

池田バスキュラーアクセス・透析・内科メイン画像
バスキュラーアクセス・透析の手術のイメージ
池田バスキュラーアクセス・透析・内科の人工透析室
信頼ある腎臓病の治療を 正確で迅速な検査と患者様の状態に合わせた最新の治療

院長挨拶

池田バスキュラーアクセス・透析・内科 院長 池田潔

腎臓病には、腎炎から腎不全にいたるまで様々な患者さんがおられます。
透析に至るまでまだまだ治療の余地が残されている方。
迅速に腎代替療法(透析)を始めなければならない方。
どちらにしても、治療目的は、“快適で豊かな生活を送るために”にほかなりません。
私は、福岡赤十字病院の腎センターに19年在籍しておりました。
赤十字病院在籍中は、副部長、部長として7年間治療方針の決定に関与してまいりました。
そして2010年、腎臓病治療の知識と技術を地域に貢献するクリニックとして活かしたいと考え、福岡市中央区は薬院に腎臓病治療のためのクリニックを開院いたしました。
この薬院の地で、住民の皆様に信頼されるより良い医療のご提供を目指してまいりたいと思います。
腎臓病・透析に関してお悩みをお持ちの方は、どうぞお気軽に池田バスキュラーアクセス・透析・内科までお越しください。

医療法人心信会 池田バスキュラーアクセス・透析・内科
院長池田潔Kiyoshi Ikeda
院内風景

バスキュラーアクセスとは

Vascular Access
シャントPTA画像使用前と使用後

血管透析とは、体から一分間に150~200mlの血液を循環させながら、特殊な機械に通し体に溜まった水分や老廃物を除去(濾過)する治療です。
血液透析を行うためには、血液を体外に取り出すための経路が必要となります。
その経路のことを「バスキュラーアクセス(シャント)」と呼びます。

以前は「血管アクセス」や「ブラッドアクセス」などと言っていましたが、今は世界的にも共通となる「バスキュラーアクセス」と呼んでいます。

シャントは以下のように自分の血管で作成するものや人工血管を使用して作成するもの、カテーテルを使用したものなどがあります。

  • シャント(動静脈瘻)
  • 動脈、静脈直接穿刺
  • 一時的留置カテーテル
  • 上腕動脈表在化
  • 人工血管
  • 長期留置カテーテル

バスキュラーアクセスは、管理状況によって様々なトラブルを起こすことがあります。
主には狭くなったり、つまったり、感染を起こしたりなどです。
シャントに異常が見られる時は速やかに当院までご連絡ください。緊急オペにも対応しております。

お知らせ・新着情報

News
タイトル 雑誌名 ページ 年度
シャントトラブルスコアリングを用いたVA管理腎と透析 76巻第2号208-2112014
血液透析患者の小手術(内シャント管理を中心に)診断と治療 101巻第7号1077-10812013
バスキュラーアクセス感染症腎と透析 74巻増刊号567-5702013
超高耐圧バルーンによる低圧拡張の重要性と意義について医工学治療 Vol.25 No.141-452013
バスキュラーアクセスへの穿刺と感染予防クリニカルエンジニアリング 2012743-7502012
PTAか?外科的再建か?選択の分水嶺を見極める腎と透析 72巻別冊16-182012
出版物一覧
診療時間
© 医療法人心信会 池田バスキュラーアクセス・透析・内科